キャバ嬢の仕事、一生懸命がんばります。


by 8niw1umbsd

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 鹿児島県阿久根市(竹原信一市長)で懲戒免職処分を受けた男性職員(45)が、裁判所が処分の効力を停止したことを受け、給与などの支払いを求めた仮執行申請に対する判決が3日、鹿児島地裁であり、牧賢二裁判官は未払い分の給与と一時金計約180万円の支払いを命じ、仮執行を認めた。
 職員は懲戒免職処分の取り消しを求める訴訟を起こしており、同訴訟の判決確定までの給与と一時金についても支払いを命じた。
 職員は昨年7月、竹原市長の意向で掲示された職員給与総額の張り紙をはがしたとして、懲戒免職処分を受けた。地裁は職員の申し立てを受け、同10月に処分の効力停止を決定していた。 

【関連ニュース】
海上保安官を懲戒免職=給食費など280万円着服
セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円

「組み替え動議」提出へ、22年度予算で自民党(産経新聞)
【Web】「最後のメール」送るサービス(産経新聞)
党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)
社民党議員が都内の朝鮮学校を視察 授業料無償化めぐる問題(産経新聞)
<難民認定>申請者過去2番目の1388人 ミャンマー4割(毎日新聞)
[PR]
by 8niw1umbsd | 2010-03-05 19:02
 福岡市西区の公園で2008年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日午前、福岡地裁(松下潔裁判長)で開かれた。罪状認否で富石被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。弁護側は、被告の責任能力に問題があるとし、「心神喪失で無罪。または心神耗弱で減刑されるべきだ」と主張した。
 検察側は、起訴前の精神鑑定で責任能力に問題ないと判断したが、弁護側は再鑑定を請求。月内に4回予定されている公判では、鑑定を行った専門家らの証人尋問が行われる予定。
 弁護人によると、富石被告は事件1カ月前の08年8月、病院で適応障害などと診断され、抗うつ剤を服用していた。被告は手足が不自由だったため、弁護側は実行行為を認めた上で「首を絞めて遺体を運ぶのは普段の被告にはできず、副作用の影響があった疑いがある」としている。 

【関連ニュース】
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
金川被告に死刑=「極刑願望、身勝手極まる」
小泉被告「月火水狙った」=遺族出廷、憤りあらわ
土浦連続殺傷、18日判決=「死刑」が動機、金川被告

元郵便局社員の女を逮捕=貯金解約、総額2億円か−兵庫県警(時事通信)
ミカルディス錠、糖尿病性早期腎症の追加適応の申請取り下げ(医療介護CBニュース)
被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
<普天間移設>社民党、3案に 九州「私案」で対応(毎日新聞)
火事だ!中学生が女児救出、でも犬にかまれた(読売新聞)
[PR]
by 8niw1umbsd | 2010-03-03 23:54
 アステラス製薬は2月24日、スイスのバリシア・ファーマシューティカ・インターナショナルと、侵襲性の真菌感染症を対象とする抗真菌剤イサブコナゾールについて、日本を除く全世界での独占開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。重点研究領域の一つである感染症領域でラインナップを増やす。

 イサブコナゾールは、バリシアが創製した新規アゾール系抗真菌剤。アステラスでは、用量依存的に体内に浸透するほか、既存薬で指摘されていた他剤との併用で効果が減弱するなどの薬物相互作用が少ないことも期待できるとしている。

 現在、バリシアが欧米などで侵襲性アスペルギルス症患者とカンジダ血症患者を対象としたフェーズ3試験を行っているが、今後は主としてアステラスが実施する。開発が未着手の日本については、今後6か月の独占的交渉権を取得した。


【関連記事】
医療用医薬品市場、7.2%の高成長
医師も認知度低いむずむず脚症候群
国内医療用薬4.3%の増収―アステラス
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど
過活動膀胱治療薬の新剤形を承認申請―アステラス

朝鮮学校「文科省がカリキュラムをチェック」 高校無償化で官房長官(産経新聞)
新型フル検出する研究用試薬を発売―アルフレッサファーマ(医療介護CBニュース)
京都市主任を収賄容疑で逮捕=工事に便宜、業者から20万円−府警(時事通信)
若田宇宙飛行士 ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
大腸炎原因菌で男性患者死亡=院内感染の可能性も−さいたま市立病院(時事通信)
[PR]
by 8niw1umbsd | 2010-03-02 16:39
 お笑い剣劇グループ「チャンバラトリオ」のメンバーで、ハリセンを使ったコントをはやらせた南方英二(みなかた・えいじ、本名・楠本喜八郎=くすもと・はちろう)さんが26日、肝硬変のため死去した。77歳。葬儀は家族のみで営む。喪主は、めいの楠本勝子(くすもと・かつこ)さん。

 和歌山県田辺市出身。東映時代劇の「斬られ役」だった山根伸介さんら4人でグループを結成。殺陣にハリセンチョップを取り入れ、笑いを取った。

<窃盗団>資産家狙い、被害1億円超か 福岡県警など逮捕(毎日新聞)
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
自動二輪車利用者アンケート実施中…駐車場整備(レスポンス)
<環境省審議会>戦略アセスメント答申 計画検討で義務化(毎日新聞)
<放浪記>5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)
[PR]
by 8niw1umbsd | 2010-03-01 12:07