キャバ嬢の仕事、一生懸命がんばります。


by 8niw1umbsd
 四病院団体協議会(四病協)は3月12日、「経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の受け入れに関する問題点の指摘と提言」を長妻昭厚生労働相などに提出した。提言では、看護師国家試験の不合格者に准看護師資格試験受験を認めることなどを掲げている。

 四病協では、各団体から2人ずつ選出してワーキンググループを設置。インドネシア人看護師候補者の例を重点に、受け入れに関する問題点とその対策について検討を行ってきた。

 提言では問題点として、▽日本語能力の絶対的な不足▽国家試験に必要な知識を勉強するためのインドネシア語に対訳された本格的なテキストがない▽日本の医療・介護や関連する保険制度について知識がなく、母国での看護教育も日本の国家試験の内容と異なる▽病院入職後の日本語教育や受験対策はほとんど病院任せで有効な援助がない-など8点を挙げた。

 その上で、(1)最低18か月程度の日本語教育を行い、日本語能力試験2級以上の合格を来日の条件に(2)母国語と日本語の両方で書かれたテキストの整備(3)入国後、日本語や日本の医療などを一定期間あるいは定期的に集団で教育(4)取り決めを見直し、国試不合格者には准看護師受験を認め、合格者には滞在ビザを2年間程度延長して看護師国試の受験機会を増やす(5)日本での処遇や看護師国家試験の内容などについて、事前に書面を用いて十分説明する-を当面の対策として提言した。
 また、中長期的には、「日本語レベル2級以上の新卒の学生を日本の看護教育機関で教育して受験させた方が長い目で見れば確実」であり、外国での看護師資格や実務経験は必要ないとした。さらに、アジア全域の優秀な人材を募集、全寮制で育成した上でアジア諸国に還元する「インターナショナルナーシングカレッジ」を創設すべきと訴えた。

 同日の記者会見で日本病院会の山本修三会長は、看護師国家試験で合格者が出るのか非常に大きな危惧を持っているとして、「現場の現状もよくご理解いただいて、改善すべきところは改善してほしい」と述べた。


【関連記事】
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少
国試で読み仮名「考えていない」−EPA看護師候補者などで
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官
インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言
EPAでの看護師など受け入れでWG設置へ−四病協

米連銀の無利子預金は「密約」=運用益、利益提供に当たらず−沖縄返還(時事通信)
“エコチャリ”でGO! 渋滞知らずラクラク富士周遊 河口湖にレンタル電動自転車40台(産経新聞)
大津波警報、「適切」6割=意識高いが怖さ過小評価−東大(時事通信)
事業仕分け 第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
[PR]
# by 8niw1umbsd | 2010-03-19 12:12
 4月5日に米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗して、国際宇宙ステーション(ISS)に向かう宇宙飛行士、山崎直子さん(39)が10日、米テキサス州のジョンソン宇宙センターで、打ち上げ前最後の記者会見をした。「(宇宙飛行士候補の内定から)11年間訓練をしてきた集大成。立派な仕事をして、日本人宇宙飛行士のバトンをつなぎたい」と抱負を述べた。

 ディスカバリーは、実験ラックやアンモニアタンクなどを積んだ補給モジュールをISSに運搬する。山崎さんを含む34〜51歳の7人が搭乗し、女性クルーは3人。山崎さんは、日本人女性で初めてシャトルの運用を担当する搭乗運用技術者として乗り組む。94、98年搭乗の向井千秋さん(57)は、宇宙実験の専門家、搭乗科学技術者だった。

 クルー全員の会見後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の会見に単独で出席した山崎さんは「飛行1日目にペイロードベイドア(シャトルの貨物室ドア)の展開、2日目にはロボットアームでの耐熱タイル検査を担当する。その作業をぜひ見てほしい」と、特に得意のロボットアーム操作へのこだわりも見せた。ISSでは長期滞在中の野口聡一さん(44)と合流、教育ビデオの撮影や余暇を使った楽器演奏などのプログラムも考えているという。【奥野敦史】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:搭乗のシャトル打ち上げ延期 4月5日に
エンデバー:米ケネディ宇宙センターに帰還
シャトル:山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」
スペースシャトル:エンデバー打ち上げ成功
山崎直子宇宙飛行士:両親「悔いのないように」

<雑記帳>笠松競馬出身のラブミーチャン、馬群に沈む(毎日新聞)
農地を無許可転用=民主・輿石氏の自宅土地−神奈川(時事通信)
学習院と認識共有せず発表、東宮大夫が認める(読売新聞)
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)
法隆寺の土塀破損=重要文化財、瓦割れる−奈良(時事通信)
[PR]
# by 8niw1umbsd | 2010-03-17 22:21
 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は12日、強風の影響で倒れた県指定天然記念物「大銀杏(おおいちよう)」の再生に向けた作業を開始した。

 東京農大の浜野周泰教授が同日朝、現地を調査。倒木を根付かせるため、根元から3〜4メートルの幹部分を脇に移植するよう指導した。これを受け、職員らが移植場所の掘削や、再生可能な高さを確認する作業を行った。また、残った根元から若木が芽生えるよう、根が抜けた穴には土を入れる。

 八幡宮では「姿かたちは変わっても、ご神木としておまつりしたい」としている。

【関連記事】
[フォト]鎌倉の大銀杏、根元からぽっきり折れてしまった
鎌倉の大銀杏、幹移し根元再生へ 東農大教授が八幡宮に指導
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討
倒壊鎌倉大銀杏「回復は不可能」 県が輪切りなどでの保存を要請
源実朝ゆかりの「隠れ銀杏」折れる

黒木容疑者が「オーナー」=増資引き受けで支配進める−トランスデジタル事件(時事通信)
1歳女児虐待死?たばこの火の跡・低体重(読売新聞)
<鳩山邦夫氏>自民党に離党届を提出(毎日新聞)
公明修正要求、一部受け入れ=子ども手当法案で与党(時事通信)
優勝メダル盗難を届け出=114年前の第1回五輪−スポーツ博物館(時事通信)
[PR]
# by 8niw1umbsd | 2010-03-16 14:59
 強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われ、性犯罪を初めて審理した裁判員裁判で求刑通り懲役15年とされた無職田嶋靖広被告(23)の控訴審判決で、仙台高裁(志田洋裁判長)は10日、「刑が重すぎるとは認められない」と述べ、一審青森地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。
 弁護側は控訴審で、昨年9月の同判決について「被害感情を過大に重視している」と主張していた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
取り調べDVD、再生70分=傍聴席は音声のみ
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ
別の強盗致傷事件で再逮捕へ=千葉大生殺害、10日起訴
タイでも指輪窃盗認める=「カジノで借金」と説明

田母神氏に出席見合わせ要請=統幕学校卒業式で防衛省(時事通信)
北教組事件 小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」(毎日新聞)
<婚約>「ええにょぼ」の女優・戸田菜穂さんが婚約(毎日新聞)
イラン制裁で連携 岡田外相が米国務副長官と会談(産経新聞)
“パズル” 解く楽しみ+特典…根強い人気 雑誌や携帯、業界下支え(産経新聞)
[PR]
# by 8niw1umbsd | 2010-03-11 19:46
 13日に開幕するバンクーバー冬季パラリンピックのアルペンスキー座位でメダルが期待される鈴木猛史選手(21)=駿河台大学=を撮影するため、親交の深い沖縄県名護市の臨時職員、比嘉優樹さん(28)が9日、現地に向けて出発する。比嘉さんは先天性高度難聴障害をもつ障害者。鈴木選手の活躍を通し、「体が不自由でも、自分の能力を伸ばす可能性があることを伝えたい」と話している。

 鈴木選手は8歳の時、自宅のある福島県猪苗代町でトラックにひかれて両脚を切断。翌年からチェアスキーを始め、前回トリノ・パラリンピックでは、滑降で4位入賞した。

 比嘉さんは、生まれつきほとんど聴力がない。東京農大3年だった04年12月、北海道網走市のスキー場でチェアスキーを見て興味を抱き、鈴木選手のブログにたどり着いた。

 07年に鈴木選手から誘われて一緒に滑ったことから一層交流が深まり、自発的にホームページの更新などを手伝うように。今では鈴木選手から「マネジャー」と呼ばれるほど親しくなった。

 「猛史君が金メダルを獲得する瞬間を撮りたい」と09年からカメラを持ち、写真を通して障害者スポーツを紹介するNPO法人「パラフォト(国際障害者スポーツ写真連絡協議会)」(横浜市中区)に入り、腕を磨いた。

 現地で鈴木選手と合流する予定の比嘉さんは「障害者スキーは滑り出せば障害から解放される。この楽しさを多くの人に知ってもらいたい」と話す。【金寿英】

【関連ニュース】
<パラリンピックの話題>パラリンピック:アイススレッジホッケーなど日本代表到着
<パラリンピックの話題>パラリンピック:主将「感謝忘れず飛躍を」…東京で結団式
<パラリンピックの話題>鳩山首相:冬季パラリンピック選手にエール
<パラリンピックの話題>障害者スキー:男子立位で三沢、同座位で谷口がV…大回転
<パラリンピックの話題>障害者スキー:スーパー複合、森井が座位V…第2日

<訃報>西島大さん82歳=劇作家、「嵐を呼ぶ男」脚本(毎日新聞)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
「妻に逆らえなかった」と父親=育児放棄、見て見ぬふりか−奈良5歳児餓死(時事通信)
<野口宇宙飛行士>無重量の宇宙で「おもしろ実験」(毎日新聞)
サイバー攻撃に無防備、193自治体(読売新聞)
[PR]
# by 8niw1umbsd | 2010-03-10 08:43